自我との対話

あまたらです、こんにちは!

今、LINEで繋がっている方には10秒スイッチ習慣化サポートの後は、セカンドシーズンとして、自我との関係を考えることを軸に、メッセージを送っています。

LINEのメッセージなので長々とは書けず、意識を開くきっかけ、みたいな感じで読んでいただいてたらうれしいと思いつつ送信しています。

 

ここで改めて、自我との距離感というか、自我を認知するための立ち位置というか、そのあたりを非常に感覚的ではありますが、書いてみようと思います。

 

私は、これまで自我という言葉で表される存在を、「自分自身の意識、自分と認識している存在そのもの」と思っていました。

だから大人になる、自分の意見を持つ、ということが自我を持つ、という感覚でいました。

 

ただ、自我という存在は、いわゆる、わがまま、ありのまま、という「我が、我が」と主張してくる部分があるので、ありのままの私を大切に!とかありのままの自分を愛することが大切!という、let it go!にはいつも違和感を感じていたんですね。

 

自分、私、という存在そのものをイコール自我で結んでいたからなんですが、これって私だけなのかな、、、。
だから私は自我を成長させよう、とか自我を変えていこう、と今の理想のギャップを埋めなくては!とあがいていました。

 

となると、どうしても今の自分を否定しなくてはいけないわけで、これまた苦しいんですよね。 

そんな私があれこれ本を読んだり、色々な自己啓発の考え方の本を読んだり、発達心理学の本を読んでみたりと様々な考えに触れている中で、10秒スイッチに出会ったんです。

 

10秒スイッチも初めは自分を変えるためにやっているので、どうしても責めたり、褒められる部分とダメな部分を切り分けたり、もう、無意識でジャッジしていました。

これも紆余曲折をたどり、コンサルを受けた時に開いてもらえた意識、

私、イコール自我ではない、ということ。
本質そのものが本当の私なんだけど、この次元で生きている、対応するための存在、自我、という認識を持てて初めて、腑に落ちたことが色々とあるんですね。
 

本質そのものが、let it goするのは、納得いくというか、認識が広がっていく、というか・・・。

そうなると、自我という存在は、私の中の、部分、一面である、と思えるようになったんですね。

でも長らくここまで、私を生かして守っていてくれた存在ではあるので、自我はとても強く、すでに確立したスタイルというか、思考や行動、反応のパターンを持っているわけです。

 

これで大概のことはうまく対応しているんですが、イラっと来たり、ネガティブな反応を引き起こすポイント、というものは、毎回必ず、反応するんですね。

そんな自分が嫌になることもしばしば。

それをただ観察して、受け止める、反応していると認める、その意識の立ち位置を持てる、ということが10秒スイッチの素晴らしいところだと思うんですが、なかなかここまでは長い道のりでした。

さて、この長い付き合いの自我を、どう取り扱っていくのか、と考えてみた時に、これまた10秒スイッチが使えるね!と思ったんです。

 

なぜ、他のたいていの人には、何でもないことに反応して怒りを感じるのか?
なぜ、私はいつまでも同じことで、ぐるぐると悩んでいるのか?

そんな自我の特徴や癖を、観察するだけでも、悩みの渦中から外れることができる!と気づいたんですね。

 

自分の自我という存在に名前を付けて、呼び掛けてみようじゃないか、自我の声に耳を傾けてみようじゃないか、と色々やってみています。

 

そうすると、「いつものネガティブパターン」に出会ったときに、若干、ずれた位置から、観察しつつ、自分を客観的に観られるようになったんですね。

 

自分の自我の癖、自我の取説、を見つけたら、楽しいんじゃない?と思ってるんです。

 

まあ、私の自我ちゃんの声は、ほとんど「私の事、分かってよ!認めてよ!」です・・・。

知らんかったわ~ 2 自我=私じゃない

あまたらです、こんにちは。

自我って言葉、聞いたことある人、たくさんおられるかと思います。

その自我とは、どんな意味の言葉でとらえていますか?

私は、今まで、自我=私、一人の独立した人格、大人
みたいなニュアンスでとらえていました。

思春期あたりで自我の芽生え、とか確立とか・・・親の価値観から独立して、自分なりに考えていける、みたいな話。
 

だから、私は今、ここで考えている、思考している私=自我、それって大切、私そのもの!!

と思っていたんですね。 

 

ところがですよ、52歳になって知る衝撃の話。 

 

自我=私という人そのものではない、ということ。
 

知らんかったわ~~!!


 

自我は本当の私ではない。 

 

皆さん、知ってました?

 

私は知らなくて、今まで自我を何とか成長させよう、とか、自我の声を優先して、周りに合わせたり、我慢するのをやめよう! 

ありのままの私が大切なんだから(流行り?) 

 

自我って、この世界に暮らす人である、私を守りたい、守るために体面を保ったり、争ったり、葛藤させたりする一つの、面でしかない。 

 

 本当の私の本質は、もっともっと大きな世界にあって、そこから、自我である私に、大きなエネルギーを注ぎつつ、体験を通じて、学ばせている存在である、ということ。 

 

 そのありのままを受け止めて、生きる、本当の自分に目覚めていく、ということがありのままを愛する、ということ。 

 知らんかったわ~。

 そのありのままって、葛藤やぶつかりがなくて、すっと受け入れられるけど、自我の私のありのままを人との関係の中に置くのは、ずっと葛藤を感じていたんですよね。 

 

 だから、引き寄せ、とか、それこそありのままの自分を愛して!

もう、誰かに合わせて生きるのはやめよう!みたいな単純な主張はどうしても、いいとは思えなかったんです・・・。 

 

悩みのすべてはこの自我が生み出したり、反応しているだけなんじゃない?って思うようになりました。 

 

じゃあ、自我を消し去って、本質の私です、バージョンを出現させたらいいのか?

 

ってこれも違うと思ったんですよね。
 

自我=未熟な私、だから✖、本質の私が〇ということ自体が、ずれている。 

 

頭の中で、イメージは浮かぶんですが、なかなか言葉にするのが難しくて、伝わってますか? 

 

自我の私も大切、〇。本質の私ともつながっていたい、〇。

 

これ、10秒スイッチを使うととてもやりやすいと思うんですよね。

 

今まで、LINEで繋がってくださったお仲間の方には毎日10秒スイッチをする、習慣化サポートということで、メッセージを送っていました。
 

1か月繰り返していただいて、習慣になってきたよ、感覚がつかめたよ、という方に、セカンドシーズンとして、

 

自我と付き合う10秒スイッチ

というテーマで、メッセージを送り始めようと思っています。 

 

やってみると感じられるかもしれませんが、メタな自分、客観的に10秒スイッチをしている状況では、自我の葛藤も悩みも、揺れる感情がいったん、落ち着き、ニュートラルになるんです。 

 

この感覚を習慣化してもらえるよう、メッセージを送りたいと思います。 

 

私もまだ、気づいたばかりのこの視点。 

一緒に開いていきませんか? 

 

 

自分軸を持つって、どうやって?

あまたらです、こんにちは!

さて、いきなり本題に入りますが、このブログのタイトルにもなっている、「自分軸」について、考えてみたので、書いていこうと思います。

 

なんで、自分軸という言葉を選んだのか・・・

今思うと、自分がこれまで判断基準にしてきた、「こうあるべき」とか、「みんなはどう思うだろう」「みんなって誰かはわからんけど」という縛られていた感から脱して、
私の感覚、考えをもとに、選んで経験したことを、自分の言葉にしていきたい、という気持ちだったんですね。

 

とにかく、「べき」に縛られ歴が長いもんで、もう、不安と恐怖から逃れられない状況で・・・。

 

おそらく幼少期にとても厳しく母から「〇〇しなさい!」「〇〇でしょ!」とか言われ続け、自分の考えを言おうものなら、全否定されてきた暮らしが長くて、辛くて、「べき」に合わせないと存在できなかったから・・・。

 

その後の社会での経験、自分で見つけていった知識をもとに、「本当の自分の気持ち」をもっと大切にしたほうがいいんじゃないか?と考え、至ったところが、「自分軸を太くしっかりしていこう」ということ。


 これまでの私が考えている自分軸は、未完成で、未熟な、不完全な自分、それでも頑張っている自分が、大切にしようと頑張って見つけた、軸、考え方、みたいなイメージです。

この未熟で不完全な自分=自我なんですが、いきなり自我って何よ、となるので、またこれは順に私の経験を書いていきますね。
 

この、頑張っている自分、何とか「べき」や世間の基準から逃れて、「自分軸」がある状態を保とうとしている状態は、ある意味、「べき」に縛られていた時とあまり変わりはなく、何かに囚われていたり、無理している状況です。
 

それでも本人の感覚としては、そもそも未熟で、まだ「できていない(何と比べて?)」という自分を持ちつつも、言葉を発して、自分の経験の中でよかったよ、という発信をしていく勇気を持てたのは、成長です。

 

この縛られていることにあんまり変わりはない、自分が、作ろう、見出そう、太くしようとしている自分軸って、ちょっと心もとないというか、脆いイメージがありました。

だって未熟で未完成の自分の中から探すんだからね。

ところが、先日あることがきっかけで、もっと上の次元、広い視点、高い視点から全体を見る、という経験を得て、

「え?本当の自分ってここにいたの?」っていうか、本当の自分の軸と繋がるためのルートとしての軸、って表現のほうが、自分軸という言葉が、しっくりくる!

 

と気づいたんです。 

 

 

これって、なんだかうれしいような、ありがとう、というような、安心感に満たされる、というような感覚なんですが、 

あ~この日に出会うために、10秒スイッチしてきたんだね。という納得感があるんです。 

 

今、やきもきと日々の出来事に振り回されて、それでも前を向いて頑張っている自分=自我と別に、その自分を抱擁している、本当の自分がいる。 

その自分につながるための、見失わないためのルートとしての自分軸を持つというのは、いい感じじゃない?って思ったんですよね。 

 

10秒スイッチをそのルートに通す、そのルートからくるメッセージを受け取るような感覚で、やると時空の広がりと、ありのままで存在している気楽さ、が体感できたんです。 

 

この視点というか、自分とのつながりというか・・・そこからの体験、経験をまたつづっていこうと思ってます。

さて、さて、あることがきっかけで、と書きましたが、何があったかと言いますと。

個人コンサルを受けたんです、奥敬子さんの。

 

今までは複数人での講座を通して、学んだり、フィードバックを受けていましたが、今回、1対1のコンサルを受けました。
 

 あの短時間でここまで到達するんだ!という明晰さで、素晴らしい時間になりました。

 

またこの先、深く広く考え体験できると思うので、シェアしていきますね。