自己紹介とブログ紹介

こんにちは!
10秒スイッチ伝道師のあまたらです。

あまたら、のは由来はおいおい、お伝えするとして、簡単な自己紹介をここでします。

私は今、専業主婦ですが、振り返ると人生半世紀になっています。
昭和感、満載の「しつけ」と称した、厳しい育て方を受けた長女です。
まず、女に生まれただけで、がっかりされたという・・・。

幼少期は、「どんくさい」「遅い」「ぼんやりしてる」と散々な言われようで、

とにかく毎日、叱られないように、ばかり考えていました。

それでも必ず、毎日叱られるんですけどね。

だから、選択するときの、全ての基準は「母に叱られないかどうか」でした。

外にあそびに行くのもなんだか、怖くて、とにかく「何をやっても叱られる」ことしか経験してこなかったので、挑戦してみる、冒険してみる、なんて思いもつかなかったし、友達と遊ぶこともあまりなく、本ばかり読んでいました。

もともと明るい性格なのだと思います。
友達もすぐできるし、周囲の人との円滑な会話もうまくできる方でした。
だから、学校生活は楽しかったです。

でも、自分に自信なんて全くないし、どんな未来を描くか、何て考えてもみなかったですから、将来の夢は?なんて聞かれても、答えられず、たぶん母はこう言ってほしいだろう、と考えた、「お嫁さん」と答えていました。

だから今は夢が叶った日々を生きているわけですね。

そして、大人になって、周囲から評価される状況になり、自分がかなり、期待に応えられるタイプということが分かってきました。

周りの人からみたら、私は、能力も高く、自信もあるタイプに見えたことだと思います。

「堂々としているね」と言われることが多かったですし、仕事していても、かなり地位の高いおじさま方から、かわいがってもらって、楽しかったです。

でも、自分では、全く自信なんてなかったし、何がしたいのか?分からない状況はずっと続いていました。
叱られたくなくて、やりたいことを思いつかなかったです。

とにかく失敗が怖い。
叱られますからね。

絶対にできそうなことしかやらなかったです。
今も。

そんな私も、散々叱られ、ののしられ、やっと30代後半になって、何とか結婚できたわけです。

この、結婚できない、という状況も毎日毎日責められていましたから、付き合う相手も、
「結婚できるかどうか?」で決めていましたね、今思うと。

そして、丈夫な体が幸いし、二人の子を授かりました。

子どもに向き合うときは、できるだけ、押し付けない、自分の考えで動いてもらう、ということを気を付けてますが、子ども自身はどう思ってるのかなあ。

そんな母も子が生れてすぐ、亡くなり、ちょっとほっとしたような。
やっぱり一生ほめてもらえない人生、のような感覚です。

でもいいんです。

もう、私は自由なんで。
残りの人生は、「自分で選ぶ」ということ。

そのために、「自分を知る」ということと向き合っていこうと思っています。

それって意外と簡単ではなくて、まず、自分を知ることの奥深さ、難しさがあります。

でも、ふとしたことで見つけた、佐藤由美子先生考案 時空力プログラムの10秒ワーク改め、10秒スイッチ、のおかげで今、

自分で自分を認め、受け容れ、自分を知る、という日々を生き始めています。

おかげで、周囲との関係も、心地よい空間もうまく作れるようになってきました。

そんな私が、この経験と気付きを、誰か必要としている人に届けたいと思い、始めたブログです!