夏休みの憂鬱

あまたらです。

こんにちは。

 

夏休み、すぐそこですね。

始まりますよ、、、いよいよ。

給食がなくなり、三食用意しなくちゃいけなくて、暑くて。

だらだらしたくなるけど、子どもが輪をかけてだらだらするのを見ていらだつ。

遊びに行きたい!プールに行きたいと、子どもからのご要望が無限大に。

 

体力と気力の限界を試される夏!

 

ああああ・・・セミの声・・・。

Yuri_B / Pixabay

 

 

もう、連日いらだつネタに事欠かないです。

なんでこんな風になってしまうのかな、と考えてみたら・・・

 

子どもに自分の言うことを聞いてもらいたい、という前提があるからかなと・・・

 

この状況が分かりにくければ、

「親のいう事は聞くべきだ」

「親が良い、と考えた行動をとるべきだ」

というコントロール欲を考えてみてほしいのです。

 

「別に支配したい、なんて思ってない」

「思い通りに動かしたい、なんて思ってない」

 

その通りだと思います。

確かに、発端は子どもに善かれと思う、親の愛情がスタートだと思います。

ただ、距離が近くなりすぎたり、見えている時間が長くなればなるほど、口を出したい、ということになりがち。

 

でも、子どもは子どもで別の人格なので、いつもいつも、親の言うことだからって、聞くわけはありません。

これが、日々積み重なるイライラに・・・。

 

Alexas_Fotos / Pixabay

 

さあ、どうしましょうか。

まずは、自分と子どもは別の人間である、という当たり前のことを、スルーせずにきちんと考えてみる、ということ。

 

その次は・・・

自分の心の波立つ理由を一つ一つ、これもスルーせずに受け止めることです。

 

時空力プログラムでよく言われる言葉で、

「外の世界で起きていることは、内面の鏡」というものがあります。

 

あなたが、イライラする誰かに悩まされているなら、イライラの対象はその、誰か、ではなく自分です。

 

あなたが、「こんなことではだめだ」、という言葉をよく使うなら、それは自分が自分に「だめ」と思っているからこそ、です。

 

辛いことばかりだ、と思っているなら、ままならない自分を持て余し、自分を責める癖があるからです。

 

それを受け止めるだけでもずいぶん違ってくるはずです。

受け止める、ってどういう感覚か、分かりにくいかも知れません。

客観的に、まず見る、ということで十分です。

いい、悪い、だから正したい、という視点をまずは置いておいて。

ただ、こんなことがあって、私はこんな気持ちになっている、という流れを見る、ということです。

 

瞑想や、呼吸やいろいろとテクニックはあると思いますが、簡単で続けやすいことから、やってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です