やる気の持続力

あまたらです。

こんにちは。

 

どうしましょう、ただでさえ、長い夏休みに加え、おそらく人生で最も暑い夏になっております・・・。

 

皆様、心と体、お元気ですか?

 

我慢してません?

主婦は特に我慢癖ありますからね、普段から。

 

自分一人だからって、エアコン我慢したりしてませんか?

 

子どもを遊ばせたいからって、プールサイドで我慢してませんか?

 

もう、命に関わるってわかりましたよね?

 

我慢していることって命に関わるって。

 

さて、そんな気が遠くなるような日々をお過ごしの皆さん、ちょっとほっこりできるように何か、良いことをお伝えしたく・・・

 

何がいいかな、ライトなもので・・・。

 

子どもがいるあなたは子どもとの時間はぐっと増える夏休み。

 

ひたすらだらだらしている子どもを見て、いらだちも極限に近づいている方、いらっしゃいませんか~。

私のことですけどね。

 

zsoravecz / Pixabay

 

例えば、夏休みの過ごし方とか宿題やスケジュールの管理など、初めに子供と話したとしますよね?

 

早めに終わらせようね、とか。

1学期の成績表で気になったことを、「休みの間にやろうね」とか。

 

まあ、最初はいいんですよ。

だってこれから長い時間というリソースもあるし、気持ちものってる。

 

遊びの計画や帰省の計画で、ワクワクするエネルギーもあって。

 

そして、その勢いで、早めに宿題やってしまおう!

とか毎日6時半には起きよう!

とかお手伝いするね!

 

とか・・・。

 

で、3日もすれば、そんな計画も気持ちも消えてなくなるっていうね・・・。

 

どこいったんやろ、あのエネルギーは。

 

で、次は怒りのエネルギーで、おどしにかかる。

やらないなら、プール行かないよ!

とか、おばあちゃんちでお小遣いもらえないよ!

 

とか。

 

で、もう、言う気力も失せて、見ないことにする・・・←早々とイマココ。

 

子どもを思ったように動かすのは無理なんで。

あきらめるのが一番いいんですが、思考停止で放置したら、後で困るのは、親も子供も一緒なんで・・・。

 

私の、自分自身を動かせた経験を書いてみます。

 

まず、私はいわゆる「飽き性」だと自分で思っていました。

 

モチベーションが続かない、と。

 

だからモチベーションを上げる工夫をしていました。

○○やったら、何かご褒美、みたいな。

 

でもそれでも続かなくて。

 

だって、そもそもやりたくないけど、やらなくてはいけないことが多くて、それを続けるためのモチベーションなんで・・・。

 

そうじ、とか、子どもへの声掛け、とか、片づけ、とか。

 

自分でもう、無理って思ってることを何とかできるように頑張ってきたんですよね。

 

でもできなくて、ひたすら自分を責めていました。

 

これってよくあることみたいですが、結局一番、エネルギーロスが大きくて、継続成功はほぼ見込めない方法なんです。

 

誰でも、そんなもんだってことです。

 

それでも責任感が強い人とか、止める勇気がない人はもはや、病気になってもおかしくないくらいの、厳しいやり方なんです。

 

人間、でも誰でもやりたくないって本心が思って居ることを、続けるなんてそもそも無理なんです。

 

だから、色々考えました。

 

だって、やめた!って訳に行かないですよね、掃除とか、子育てって。

 

そこで、小さな成功を積み重ねる方式に変えたんです。

 

もう、絶対にできる。

これならできる、ってくらいに小さな目標にするんです。

小さな目標だから、やったところで、大きな変化は目には見えないけど、確実で失敗のない出来事が積み重なるんです。

はっきり言って、口癖は「めんどくさっ」なんですが、めんどくさいと思ったときに

例えば、1分だけ掃除しよう、とか、この部分だけ磨こう、とか、細分化するんです。

休んでいたいときに、やりたくないことをやるって途方もない力がいるんですが、1分だけなら、動けるはず、というわけです。

 

Momentmal / Pixabay

 

そして、できたら、必ず無理って思ってた初めの自分に「やっておいたよ」と報告するんです。

 

1分やって、動き始めて、ついでにやっておこう、ってなったらしめたもの。

どんどん続けるんです。

 

そして満足できる状況になったらそれも報告です。

 

まあ、報告のうまいやり方はまたおいおい書きますが・・・。

 

とにかく、行動を細分化。

 

どんなに小さなことでも、できたらそれでOK!

ってことを繰り返す。

 

私はこれで、いずれ大きな変化になるようなことも、やってきました。

 

まだまだこれからが夏本番だと思われるので、とにかくお体いたわって、お過ごしくださいね。

 

 

 

 

夏休みの憂鬱

あまたらです。

こんにちは。

 

夏休み、すぐそこですね。

始まりますよ、、、いよいよ。

給食がなくなり、三食用意しなくちゃいけなくて、暑くて。

だらだらしたくなるけど、子どもが輪をかけてだらだらするのを見ていらだつ。

遊びに行きたい!プールに行きたいと、子どもからのご要望が無限大に。

 

体力と気力の限界を試される夏!

 

ああああ・・・セミの声・・・。

Yuri_B / Pixabay

 

 

もう、連日いらだつネタに事欠かないです。

なんでこんな風になってしまうのかな、と考えてみたら・・・

 

子どもに自分の言うことを聞いてもらいたい、という前提があるからかなと・・・

 

この状況が分かりにくければ、

「親のいう事は聞くべきだ」

「親が良い、と考えた行動をとるべきだ」

というコントロール欲を考えてみてほしいのです。

 

「別に支配したい、なんて思ってない」

「思い通りに動かしたい、なんて思ってない」

 

その通りだと思います。

確かに、発端は子どもに善かれと思う、親の愛情がスタートだと思います。

ただ、距離が近くなりすぎたり、見えている時間が長くなればなるほど、口を出したい、ということになりがち。

 

でも、子どもは子どもで別の人格なので、いつもいつも、親の言うことだからって、聞くわけはありません。

これが、日々積み重なるイライラに・・・。

 

Alexas_Fotos / Pixabay

 

さあ、どうしましょうか。

まずは、自分と子どもは別の人間である、という当たり前のことを、スルーせずにきちんと考えてみる、ということ。

 

その次は・・・

自分の心の波立つ理由を一つ一つ、これもスルーせずに受け止めることです。

 

時空力プログラムでよく言われる言葉で、

「外の世界で起きていることは、内面の鏡」というものがあります。

 

あなたが、イライラする誰かに悩まされているなら、イライラの対象はその、誰か、ではなく自分です。

 

あなたが、「こんなことではだめだ」、という言葉をよく使うなら、それは自分が自分に「だめ」と思っているからこそ、です。

 

辛いことばかりだ、と思っているなら、ままならない自分を持て余し、自分を責める癖があるからです。

 

それを受け止めるだけでもずいぶん違ってくるはずです。

受け止める、ってどういう感覚か、分かりにくいかも知れません。

客観的に、まず見る、ということで十分です。

いい、悪い、だから正したい、という視点をまずは置いておいて。

ただ、こんなことがあって、私はこんな気持ちになっている、という流れを見る、ということです。

 

瞑想や、呼吸やいろいろとテクニックはあると思いますが、簡単で続けやすいことから、やってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

次々とぶつかる壁

あまたらです。

 

たらたらと続いている振り返りストーリーですが・・・まだまだ気付かないといけないことたくさんあって、、、光明を見出すまでが遠い。

 

情報弱者だった私が手を出した、教材の様々。

 

もともと本を読むのが好きだったので、自分を変えてくれる「教え」を探し続けていたのでした。

 

そして、それは、簡単に手っ取り早く、楽にお金を連れてくる、っていうフレーズも効いて、申し込んだ後の昂揚感を求め、いわゆる教材ジプシーになっていたのでした。

 

もう、いい「カモ」です。

次々と提案される、「これを買えばもっと成長できますよ」的な教材。

それにつられて、輝く未来だけ見続けている私。

見続けているというか、見たいから、それ以外の辛いことや、頑張らなくちゃいけないこと、見たくない自分の弱さから、目をそらし、光っていそうなところだけ、見ようとしていた私。

 

これは、自分で気付かなければ、止まらない、ジプシーです。

 

いませんか?あなたの周りにも。

あなたももしかしたら、遠くの光っているところ、これさえあれば、現実が変わるみたいなフレーズを求め、見たくないところを見ないようにする癖、あるかもしれませんね。

気付いていると思いますが、ふたしてませんか?

そして、もう、いくつ教材買っただろう。

全然、成長したとも思えず、現実にお金も殖えず、むしろ減っていく、焦りだけが残る日々。

 

イライラする気持ちを感じ始めて、家族にもあたってた気がするな・・・。

だって見たくないのは自分の弱さなんだから、人のせいにするのが、簡単だよね。

 

家事が忙しいとか、子どもが小さいから、とか、夫が協力的じゃないからとか。

 

いくらでも思いつく。

spirit111 / Pixabay

 

そして、そんな日々で申し込んだ、一つのプログラムに取り組んだことで、やっと気づいたんです。

 

それが、佐藤由美子先生の「時空力プログラム」でした。

 

は~、やっとここまできた。

 

またね。

 

 

 

 

やる気満々で、始めたこと

こんにちは。

 

あまたらです。

 

さて、「イメージするだけで」、「強く願うだけで」

 

様々に願いが現実化する、という考え方に乗っていた私。

 

でも、お金が湧き出てきたわけはなく、「あれ?」と思い始めた。

 

というか、考えたらわかることなんだけど。

そして、本質はそこではない、と今は分かるのだけど。

 

「お金が殖えますように」とか、

「どんどんお金が流れ込んできますように」

みたいな、イメージをすると良いという風に、本には書いてあったけど、いくらイメージしても、実感が全くわかなかったですね。

 

そして、なんと、願ったわけではない、トラブルに巻き込まれ、お金はみるみる減っていく、という、展開に。

 

これはあまり詳しくはここには書けないですが・・・。

レアな出来事で、汎用性はないですが、考え方として、何かを変えなくてはいけない、ということを気付かせてくれたのかもしれません。

 

そんな、出来事の中で、このままでは、いけない、何かを変えなくては・・・と考えていくようになりました。

 

まあ、当たり前って言えば当たり前ですけどね。

 

そこで、自分で何かできることを探し始めます。

 

まず、子どもが幼かったということ、自分で育てたい、ということで、

預けて外に働きに行く、ということは全く選択肢に入りませんでした。

 

Free-Photos / Pixabay

 

子どもを見ながら、自宅でできること、ということで、ネットの情報をいろいろと探しましたが、今思うと、完全なる、「情報弱者」で、いわゆる、「カモ」でした。

なので、良くわからないまま、サイト量産のアフィリエイトの塾に参加したり、途中で、挫折し、FXのスクールに加入したりと、

「前向きに」

「積極的に」

 

取り組んでいきました。

 

この一連の行動って、始まる時は「やる気満々」なんですよね。

 

華やかで、成功している未来しか見ていない。

足元は見ていなくて、そのプロセスで起こる様々な課題など、乗り越えるべきことは、見えてなかったです。

 

それは、今思うと「簡単に、楽に、この方法を使えば」という期待感だけが、エネルギー源で、「自分が行動していくんだ」という主体的な、自己信頼はなかった。

 

自分が未来を変えていく、とか、自分が自分を育て、支えて行動していく、という意識はなくて、「何か他の事柄が、未来を連れてくる」という、受け身でした。

 

この思考の癖は、「情報弱者」と言われてる人に共通するものではないかな、と思います。

 

その思考の癖が、自分の未来を描くという時に、表面的な成功、や、お金や、

「それは本当の自分が望んでいる未来か?」

「本当の自分の生き方として受け入れるのか?」という部分で足をひっぱります。

 

これは、簡単に答えが出せることでもなく、気付いた時からずっと向き合うべきことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分を変える方法

こんにちは。
あまたら、です。

さて、悩み事やら、モヤモヤした気分、何がどうってわけじゃないけど、頑張りすぎてて疲れている自分。

さらには、結婚したい、離婚したい、お金が欲しい、もっとお金が欲しい。

無限にありますね、悩みのネタって。

そして、そんな世の皆さんに、たくさん提示されますね、方法は。

ご褒美に、エステ。

ご褒美に、スイーツ。

これはライトな方法だけど、エスカレートしていきます。

旅に出ましょう、ペットを飼いましょう、部屋を片付けましょう、引っ越しましょう。

転職しましょう、婚活しましょう、不倫しましょう。

そして、あなたは思う。

もっとお金があったら、もっと素敵な洋服があれば、、、

真面目な人はもっと学ぼうと思うかも。

本読んだりセミナー出たり、資格取ったりね。

でもどこまでやっても、また、振り出しに戻ってきませんか?

私は、戻ったなあ・・・。

一時的には高揚するんだよね。

「今度の方法は違うぞ!」と。

「今度は効きそう!」って。

引き寄せたり、願ったり、アファメーション唱えたり、空に向かってガッツポーズしてみたり!

瞑想ももちろんやったし、なんか、音楽聞いたり。

rawpixel / Pixabay

でも、戻るよ。

だって根本の自分は変わっていないから。

これで変わった、って言う人は、感性が鋭いとか、しっかり、記憶できていて、変化を自分の中に定着できる人かも・・・。

とにかく私は変わらなかった・・・というか、一周回って、また、同じ状況に落ちて、、、
その回数が増えれば増えるほど、自分を責めていた。

結局、「ダメな自分」という前提で自分を責めながら、違うものになろうと、自分を否定するから、うまくいかない。

これに気付くまで結構長かった。

今思うと、分かっていたけど見たくなかった。

もう、そこ変えるの大変すぎて無理っす、と思ってたのかもしれない。

でも、意外と簡単な方法でできたもんだから、続いたし、効果が出たのかも。

3年前の自分に感謝しているよ・・・今となっては。

Daria-Yakovleva / Pixabay

そして、これは先に書いておかねば。

例えば、一つ悩み事があって、何らかもがいて、努力して、自分が変化して、解決したとするよ。

「ああ、自分も成長したなあ、良かった解決した、これから晴れ晴れとした気持ちで生きていける」ってその時は思うでしょうな。

で、本質的に自分の考え方、行動の仕方、ものの観方が変わったから、解決したのだとするよ。

これって根本的に解決を導き出せた、解決に至る、今まで見えていなかった選択肢が取れるようになった、のだとするよ。

凄いことじゃない。
凄いよ、本当に。

で、その後、何の問題もネガティブな出来事にも出会わないかって言ったら、そんなことあり得なくて、

出会うから。

もっと言うと、もっとでっかいネガティブに出会うから。

ポジティブが大きくなれば、ネガティブも大きくなるんだな、なぜか。

そこで、「ああやっぱりだめだ」って思うか、

「お、成長したからお題が大きくなってきたぞ」って思うか、、

これでまたその後の展開は大きく違う。

ああ、やっぱりだめだ・・・ってまた他の方法探しに行く人、普通にいるからね。

これポイントだから先に書いておく。