あの時、10秒スイッチを知っていたらな 1

こんにちは、あまたらです。
思い返せば佐藤先生のメソッドに出会ってもう6年目になろうとしています。
時の流れが年々、早く感じるから、時々、振り返ってみないと、ほんと、

あ!っちゅうまです。

そんなこんなで遠い記憶をたどってみようシリーズです。
1作目も書いてないのに、シリーズとかいうところが、笑う。

10秒スイッチを続けて5年過ぎましたが、自分のやり方が初めのころは、ちょっとずれてたな、ということがあります。
そして、今、やってみて効果を実感できるのは、「とにかく細かく細かくやる」っていう方法です。

振り返って流れを見るに、私が一番、言語化できず、もどかしくて、そこに違和感とか課題があるのに、どうしたらいいの?と思っていた部分に、

「今の自分とつながる」という感覚があります。

とにかく昔から、本当の自分は、どこにいった?と思うシーンが時々あります。
そして、自分とつながっていない、と自覚はあるものの、どうしていいかわからんから、やったこと。

文字にして、願いを紙に書く。

瞑想する。

呼吸法を整える。

今ここに集中しましょう、などなど、よく言われるあれこれをやってました。

でも、私は今ここにいない、と思っていたと白状します。

瞑想さえしたら、今ここ、の感覚がわかります、って何かの本で読んで、

やるものの、「え?これがそうなの?なんも変わらん感じがする。
じゃあ、前から今ここにいるのか?」

と面倒くさい思考ループに入ってました。

そして、本当の自分と繋がっていない自分を責め、流行りのやり方をやってみているのにできていない自分を責め、まだだ、まだだ、と思っていました。


私は、できているか、できていないか、ジャッジして、自分を責めているその部分を見ないようにするためにもがいていたような感覚です。

だから「できた」自分を見たいから、できていない自分を否定する、今ここにいるのは、できていない自分なのに否定する、そんな感じですね。
もう、できていようが、なかろうが、それでそのまま受け止めたらいいのに、それができない。

怖くてね。

ここで思い出した感覚があって・・・。

私は、いわゆる運動音痴な子供でして、体育が嫌いで嫌で仕方なかったです。

中でも一番の恐怖が跳び箱。

3段までなら飛べたんですが、後は無理。
怖い、痛い、ってしか思えなかったです。

そんな私でしたが、ある年、よりにもよって、授業参観日、体育、跳び箱という恐怖の組み合わせがあったんです。

それでも何とかやる気は見せようと、ダーッと走っていくんですが、ぴたっと跳び箱の前で、止まる。
これをひたすら繰り返してしのいだ記憶があります。

もちろん家に帰ったら、叱られるのはわかっていたので、気が重くて、帰りたくないって思ったのも覚えています。

あの時の、

できない→無理→怖い→痛い目にあいたくない→だから手前で止まる!

これって、10秒スイッチの感覚で言うと、受け容れたくない自分がいるから手前で止まる、に似てるんです。

手前で止まって、その感情や思考を止める感じです。

そして、頭で納得させようと、無理やりポジティブにもっていったり・・・。

本当の自分を見ないようにする、ってこんなことなんですよね。


ネガティブな自分、できない自分を見つめる、そんな自分もそのまま受け容れられるようになると、繋がっている、っていう感覚がわかり始めます。



好きな自分と、嫌いな自分

あまたらです、こんにちは。

ありのままの自分を愛しましょう、って聞いたことありますよね?

ないかな~、たぶん、アナと雪の女王の、あの歌、ありの~ままの~のフレーズ。

あれが繰り返された頃、そのままのあなたを愛していいのよ、そのままのあなたが大切、みたいなメッセージが、ちまたにあふれたような感覚あります。

ほかにも、自分を満たすとか、自己肯定感を高めることが大切、とか・・・。

その通りだと思います、それが起点になるから。

ただ、私は違和感がどうしてもあるんですよね、その風潮に。

なんというか、自分の中に、ありのままで愛せる部分と、いや、ちょっとこれは変えたいなという部分があるから。

世の流行りで押してくる発信者の方のメッセージには、
「そんな自分も自分。あなたはそのままでいい」って・・・
そう言われてもなあ・・・。

で、勘違いした「素直な」女性は、我が道を行くといわんばかりに、ありのままの自分を人にも受け入れてもらおうとする・・・。

これってどうなの?

やっぱり違和感がある。

そんな私が、やっと、

「そうよね、ありのままの自分を受け容れる、受け止める、それには、自分でいいこと、いやだと思っていること、両面をフラットにみられる自分でいることが大切だわ」と、考えるに至りました。



結局、自分、本当の自分、心の奥底にいる自分が、
「今、どんな感覚を持っているのか、どんな感情を感じているのか」を、見てみないふりをしないで、そのまま、受け止めるところから、が始まりなんですね。


自分の中の嫌な部分、「私って、こういうところがダメだから・・・」と否定してしまっている部分は、押し込めても、ごまかしても、そこにいるからね。
ありのままの私が好き、って言っても、やっぱり上っ面をなでるような、嘘っぽいような、、、

そうこうしているうちに、部分的に嫌いだと否定している自分が、

自分そのものが信じられない、受け容れられない、っていうことにすり替わっていく経験がありました。

じゃあ、どうすればいいんだ?

自分と深くつながる、自分を受け容れるってどうしたらできるの?

と思っていた私が見つけた方法、それがシンクロちゃんに描かれている

「10秒スイッチをする」という方法。

とはいえ、実は10秒ワークと言われていたころから、途切れ途切れながらもやってきていた方法。

自分にとって良い、と思えたことは10秒ワークで過去の自分に報告してあげられる、でも、見たくない部分の話は、見ないふり、もしくは、

「ここがダメなんだよね、だから気を付けて」みたいに、自分を責める方法で使っていた。

佐藤先生に「責める、という方向で使うのは、ちょっと違うんですよね」と言われたけど、どうしても責めてしまうし、その部分の自分を変えたい、と思ってました。

これってどうしたらいいんでしょう。

そんな私が今、ようやく、気づいたこと。

いいこと、いやなこと、良いこと、悪いこと、とジャッジする自分がいる、

その自分を否定すればするほど、存在がクローズアップされる。

これです。

ジャッジする自分は好きではない、いなくなって欲しい。

このループから抜ける糸口をつかんだんです。

それこそが、ありのままの自分を受け容れる、につながっていくということにも気づきました。

これって違和感ないです。


好きな自分と嫌な自分、両方を受け容れる器を育てていく、これが10秒スイッチの大きな効果の一つです。

10秒スイッチの具体的なやり方は、佐藤由美子先生著

「シンクロちゃん」に詳しく書いています。

ただ、これを読んだだけでは、やり方が心もとない、これって合ってるの?と思う人が多いのも事実です。

そんな方に私の体験をこれからも書いていこうと思っています。

2020年の始まり

あまたらです、こんにちは!

今年もよろしくお願いいたします。

始まりましたね、2020年。

いいリズムだわ・・・
令和になって、皆さん変化の潮流を感じておられること、色々とあると思います。

まだぴんと来ないわって方も予感はありませんか?

新しい自分の一面、自分に気づくことが増えていく時期です。

これからの流れに乗っていきましょう。






私は今年は、新たに始めることがありまして、少しお伝えします。

まず、佐藤由美子先生考案、10秒スイッチ。
これを使って自分らしく生きる、悩みごとも受け止められる、自分で解決への道のりを見い出せる人になる、まあ、色々と活用していただけると思います。

よりよい生活に10秒スイッチを。

その10秒スイッチを始めるあなたをサポートする仕組み

を作っています。

そんな大げさなことじゃないんですけど・・・

でも始めたばかりで、やり忘れた、また続かなかったって、自分を責める人を一人でも減らしたいので・・・。
準備ができましたら、お知らせしますのでよろしくお願いします。

シンクロちゃんを読んだ人、まだ読んでいない人、そんなあなたへ、

シンクロちゃんをより、活用する体験をしていただける、読書会を開催します。

これはオンラインでやろうと思いますので、どこからでもご参加いただけますよ。
こちらも準備が整いましたら、ご連絡しますね、お楽しみに!!

佐藤由美子先生はどんどん進化されていて・・・
わくわくする未来を見せてくださるんですよね。
だから私も皆さんとシェアできたらな、と思っています。